m0ut3nの日記

独り身のおっさんの雑記ブログ

iOS版のドラゴンクエストIIIで「しんりゅう」を倒した話

ドラゴン

iOS版のドラゴンクエストIIIで「しんりゅう」を倒したので、その感想を書いていきます。前回、「ゾーマ」を倒したのが2016年の5月頃なので、1年以上ぶりのプレイになります。

 

m0ut3n.hatenablog.com

 

「バラモスエビル」2体の「イオナズン」で全滅する

「バラモス」の色違いの「バラモスエビル」は2回攻撃の上に、「メラゾーマ」や「イオナズン」、「こごえるふぶき」を使ってきて、「バラモスエビル」2体が連続して「イオナズン」を使ってきた際に、ヒーラーの賢者が死んで全滅してしまいました。

ゼニスの城」までの「謎の洞窟」は道中が長く、全滅するとメンタルにダメージを受けて中々につらいです。そして「しんりゅう」手前の「謎の塔」で体力を温存しながら進んでいる時に全滅すると、やり直し感がハンパないです。

 

「ほうおう」の「バシルーラ」で勇者が飛ばされる

「謎の洞窟」と「ゼニスの城」を越えた後の「謎の塔」に出現する「ほうおう」(漢字で書くと鳳凰)ですが、これがよく「バシルーラ」を使ってきて、勇者がルイーダの酒場に飛ばされていきました。そして同じように賢者も飛ばされていきました。

これもやり直し感がハンパなく、結構メンタルを削られます。仲間の誰かが死んだぐらいなら「ザオリク」や、「せかいじゅのは」で生き返らせることができるのですが。あと飛ばされると書くと、何だか左遷させられているみたいですね…

 

「てんのもんばん」には「メダパニ」と「バイキルト

うごくせきぞう」や「だいまじん」の上位種の「てんのもんばん」ですが、何とメダパニが効きます。さらに一緒に出現することが多い「デビルウィザード」が「バイキルト」をかけてくれるので、敵をドンドン攻撃してくれます。

ちなみに「てんのもんばん」が最後の一体になると、当然のようにこちらを攻撃してくるので要注意です。初見でこの仕様に気付かないで調子に乗っていたら、やはりヒーラーの賢者が死んで全滅こそしなかったものの、少しピンチでした…

 

「しんりゅう」はパターンで勝てる

道中で入手した「はかいのてっきゅう」を装備した戦士と、「ふしぎなボレロ」を装備した勇者の「ギガデイン」、賢者2人は「けんじゃのいし」で回復と、余裕がある時は「メラゾーマ」で攻撃するという戦術で戦いました。

すると初見にも関わらず、27ターンで倒すことができました。攻撃がパターン化しているので、しっかりレベリングをしておけば充分攻略できます。むしろ上記の「バラモスエビル」の2回攻撃や、「ほうおう」の「バシルーラ」の方がよっぽど痛かった…

 

オルテガ」の復活

さて「しんりゅう」に勝ったご褒美として「オルテガを生き返らせたい」を選ぶと、オルテガが復活します。ただスタッフロールが流れたりするわけでもなく、アリアハンの住民のセリフが変わるだけなので、正直な所、少し拍子抜けです。

とは言うものの、これでiOS版のロトシリーズは完全にクリアし、これまでセーブデータの引き継ぎが手間で、iPhone 4sを使っていたのですが、ついに機種変更ができそうです。そしていよいよ、7月29日はドラゴンクエストXIの発売日です。

 

 

広告を非表示にする