m0ut3nの日記

独り身のおっさんの雑記ブログ

サラリーマンのカバンの中身と、節約のために持ち歩いている物

ブリーフケース

今週のお題「カバンの中身」ということで、節約に気を付けながら、普段持ち歩いている物について書いていきます。

 

iPhone 4s

5年前に買ったiPhone 4sです。実際に使っているのは、電話、メール、EvernoteSpotify、Tweet ATOKがほとんどで、最近のソーシャルゲームの類は要求スペックを満たしていないので動作しません。

個人的には必要十分で、新しい物を買う気がしないので(どうせ電話とメールは仕事関係のみ)今の所、買い替える予定はないです。どちらかと言うと早く身軽になりたいので、退職したらまず携帯を解約したいです。

 

財布

紙幣(6,000円)、免許証、保険証、クレジットカード、そして図書館のカードです。6,000円は突発的に病院へ行くことになったり、仕事で帰れなくなった時にネカフェに泊まれるように持ち歩いていて、小銭は持たない派です。

生活費は小額の買い物でも、例えそれが「うまい棒」でもクレジットカードで決済をしていて、現金を使うのは病院の窓口ぐらいです。家賃もクレジットカードで払っているので、現金は年に1万円も使っていません。

 

鍵束

自宅の鍵です。キーリングは高校生の頃に買ったPORTERの財布に付いていたカラビナを20年ぐらい使っています。財布自体はマジックテープの部分が剥がれてしまったのですが、カラビナは未だに現役です。なお財布も20年間、カード入れとして使っています。

 

図書館で借りた本

活字が好きなので図書館の本を持ち歩いてチビチビ読んでいます。ほとんどが文庫本なのですが、まれに文庫化されていない本も持ち歩いています。ちなみに伊藤計劃の「屍者の帝国」は文庫化されていない頃にハードカバーで読みました。

 

スーパーのレジ袋

これは近所のスーパーがレジ袋を断ると2ポイント付けてくれるので、そのスーパーのレジ袋を持って行って使っています。一回の買い物で2ポイントとは言え、1年間で500ポイントぐらい貯まるので、中々おろそかにできません。

 

早期リタイアのために

私は路傍の石なので何も面白い物は持ち歩いていません。少ない稼ぎで少しの量を食べ、本を読んで音楽を聴いているだけです。ただ生活コストが低いと、リタイア時期を前倒しすることができ、早い内に社会から自由になれる日がくると思います。

 

広告を非表示にする